美脚パーフェクトプログラム〜GOLD〜

2008年02月27日

自転車を漕ぐと脚が細くなるって本当?

自転車は脚を鍛える運動と思われている方も多いのではないでしょうか。実際には適切な方法を守って実施することで、脚を細くする効果が期待できるとてもすばらしい方法の一つです。

脚痩せを考えている方で、自転車を漕ぐことを話すと真っ先に出てくる言葉が「え〜脚が太くなっちゃう〜。」というもの。どうやら競輪選手などの太い脚のイメージがあるからだと思います。確かに、自転車を漕ぐという行為そのものは太ももを鍛える運動の一つなので、筋肉が発達するという考えは正しいものです。ですが、彼らの場合、根本的に脚にかける負荷というものが明かに違います。

脚痩せのための運動として自転車を漕ぐ場合、緩やかな負荷を持続的に掛けていきます。このことで脂肪を燃焼し、皮下脂肪によるサイズを減らすことで、結果的に脚が細くなるというわけです。

競輪選手の場合、競技としてタイムを競っているわけですから、速く漕ぐためにかなり強い力を短時間に発揮することが求められます。そのことで速筋繊維(FGかFOG繊維)が養われることで、その反応の結果として筋肉のサイズが増える。すなわち脚が太くなるというわけです。

そんな背景から自転車や、それに似た運動は脚を細くしたい方には敬遠されがちですが、私たちが普通に自転車を漕ぐ場合には、むしろ脚痩せには効果の高い方法の一つです。ちなみに使う自転車はママチャリでも良いのですが、サイクリングやマウンテンバイクなどのほうが今回の目的には合っているように思います。

ラベル:運動 脚痩せ
posted by 脚痩せちゃん at 08:00| 運動で細くする方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。